「注文を間違える湘南フレンチレストラン」

10月20日(日)平塚のグループホーム・小規模多機能連絡会主催による企画
「注文を間違える湘南フレンチレストラン」にご利用者様と参加してきました。
夕陽ケ丘にある「アッシュ×エム」様の協力の元、認知症の方々がお仕事をするという素敵な企画。
「みんなの家ながもち」からもN様が参加されました。

 

当日はお天気にも恵まれ、今回の企画を歓迎しているようでした。

グループは6名ほどで組まれ、皆様もどんなことをするのかと緊張されていました。
N様も時間が近づくにつれ徐々に無口になり、私にも緊張が伝わってきました。

今日の日のために特別に用意された青いエプロンがよくお似合いです。
そしていざ出陣!!

 



おしゃれな店内はお客様でにぎわっています。
さあ、お仕事です!!

働きもののN様。最初は戸惑いながらもスタッフの指示を受け動かれていましたが、お客様への接客は素晴らしいものでした。笑顔で対応する姿は、日頃のN様のご性格が表れ、まるでいつもそこで働いているかのように溶け込まれていました。
その姿を見込まれてか、スタッフさんから「N〇さ~ん」と呼ばれることも。
ちょっと誇らしい気持ちになりました。

たまに間違えてしまうのも、そこはご愛嬌!皆様が寛大な心で対応してくれました。

「みんなの家」からもスタッフが3名お客様として来てくれました。
それまでの緊張がパッとほぐれたのでしょう。いつものN様に戻られる瞬間が印象的でした。

 

1時間のお仕事を終え、控室に戻ると皆様の表情が晴れ晴れとしていて、始まる前と別人の様でした。「あー楽しかった」と笑顔であふれていました。
最後にお仕事の日当をいただいて本日のお仕事の終了です。
使い道はどうしましょうね?



さあここでお待ちかねのランチの時間です。
今度はお客様としてお店に行きました。

テラス席に座り、秋の穏やかの日差しと風を感じながら食べるお食事は格別でした。
働いた後の食事は美味しいですね!
N様もいいお顔をされています。

 

「間違えを楽しむこと」素敵な言葉ですね。
社会が寛大な心で受け止めていただき、サポートが出来ればまだまだ活躍する場がある。
一緒に楽しむことが大事なのだと改めて実感した一日でした。

さて、次はだれと楽しもうかな?



みんなの家ながもち     代表(管理者) 坂本久美
?Gg[???ubN}[N??

2019年10月28日